同窓生・恩師情報

同窓生インタビュー 多士済々な洛星出身者をご紹介します

拡大標準

ラバディ神父様への感謝の集い 開催報告

ラバディ神父様への感謝の集い 開催報告

 

長らくヴィアトール学園洛星中学・高等学校の校長、学園理事長をお務めになられましたラバディ神父様が、カナダにお戻りになられることになり、感謝の集いを、下記要領で開催いたしました。

日時:2020年2月23日(日)
   14時~15時30分
会場:ヴィアトール学園洛星中・高 地下1階ケベックホール
 14:00開始
  (1).開会の挨拶 西同窓会長 
  (2).ラバディ神父様への質問とお話
  (3).花束贈呈
  (4).ラバディ神父様からご挨拶
 15:00集い終了
  会場の外で、参加者退場時、ラバディ神父様にご挨拶・記念撮影
  大階段で、集合写真撮影
 16:00終了

当日は、同窓会会員だけでなく、ファミリーの方、北白川教会よりウィリアム神父様、ブラザーベルナルド様にもお越し頂き、150人を超える方がケベックホールに集いました。

ラバディ神父様からは、出席者より事前に頂いていたラバディ神父様への質問をもとに、これまでの想い出を盛り込みながらお話しをいただきました。ウィットに富んだお話しで、会場も大いに湧いていました。

Q1.毎年の英語でのモットーを再度教えてください。
Be proud of let’s gentlemanなどでしたか?”
Q2.お若いころの背筋力、握力を教えてください。
卓球部にふらっと寄られた際、手首だけでのスマッシュが生徒の誰よりも速かったのを憶えております。
Q3.愛犬キキちゃんの思い出をなにか。
Q4.日本滞在中に一番困ったこと、一番良かったことは何でしょうか?
・・・など。

花束贈呈の後、ラバディ神父様には会場の外にご移動頂き、出席者一人一人とご挨拶と記念撮影をしていただきました。

最後に、大階段にて、ラバディ神父様を中心に、集合写真を撮影してお開きとなりました。

ラバディ神父様へ。
半世紀に及ぶ日本滞在、お疲れさまでした。
私たちはその間に与えていただいた数々の教えを決して忘れません。
神父様がおられなくなると寂しくなりますが、悲しい時、くじけそうになった時には、神父様のお顔とお言葉を思い出して、頑張っていきます。
本当にありがとうございました。

----------------------------------
出欠の方々よりいただきましたメッセージは、当日の写真・動画などとともに、ラバディ神父様にお渡しいたします。

当日の写真は、このURLにも多数掲載しておりますので、ご覧ください。